1期目の実績PERFORMANCE

早い段階から品川地区の再開発やJR路線の再編成などの影響に着目。
警鐘を鳴らしつつも、時代の変化を先読みした大田区の特色ある産業政策を議会で提言してきました。

また、武道振興や文化芸術振興など、いままで議会で取り上げられることのなかった分野に積極的に取組み、大田区の新しい展開を描いています。

大田の台地部、平野部は優れた住宅地でありますが、近年ではこの地形がはらむ問題についても眼を向けていく必要を痛感しております。 特に調布地区、大森地区では急な勾配の坂が随所に存在し、災害時の避難や地域活動においても制約となっています。今夏猛威を奮った豪雨災害などに直面した際、低地から高所の避難場所まで、いくつもの坂を越えて移動するのは極めて危険な行為です。きめ細かい住民サービスと生活の安全に資する場を確保するべく、土地と施設の有効利用を模索して行きたいと考えています。

これら防災、防犯、子育て環境の整備など、生活に密接に関わる事柄について、地域の世代を超えた連携ほど力強いものはありません。 地域が協力することは「私たちが直面する問題に対してそれを乗り越えていく」という意思表示でもあります。